Help

ワンアンドオンリー(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬)

  • 242

Photos: ワンアンドオンリー(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬)

Photos: ウインバリアシオン(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬) Photos: ラストインパクト(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬)

撮影場所:中山競馬場(千葉県船橋市古作1丁目1番1号)

撮影日時:2014年(平成26年)12月28日(日)午後2時46分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX60V

その他:この馬の主な勝ち鞍は2013年(平成25年)の仁川の第30回ラジオNIKKEI杯(G?)と2014年(平成26年)の府中の第81回東京優駿日本ダービー(G?)である。第74回皐月賞(G?)は4着だが、次走の府中の日本ダービーで悲願のG?初制覇をしている。この馬の調教師を務める橋口弘次郎氏は、2015年(平成27年)のフェブラリーステークス(G?)開催日を以て引退し、この馬は他の厩舎に移動する予定。日本ダービーの次の仁川の神戸新聞杯(G?)も1着だが、淀の菊花賞(G?)は不完全燃焼の9着、タケホープ以来40年ぶりのダービーと菊花賞の2冠は成らなかった。因みに菊花賞を優勝したのは東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の日に生まれ、ダービーの前日にデビューしたトーホウジャッカルである。この競走(第59回有馬記念(G?))は伸びを欠き13着、次走のドバイシーマクラシック(G?)は3着、次走は未定。ちなみにこの馬の父は2005年(平成17年)の第50回有馬記念(G?)でディープインパクトを封じたハーツクライ、母は現役時代は27戦3勝のヴァーチュ、父方祖父は競走馬時代は米国で活躍し引退後の1991年(平成3年)に日本にやって来て種牡馬に登録されるも2002年(平成24年)に黄泉の国に旅立ったのを理由として種牡馬登録を抹消されたサンデーサイレンス、父方祖母は1995年(平成7年)の第17回新潟大賞典(G?)と第31回新潟記念(G?)を勝ったアイリッシュダンス、母方祖父はG?を5勝したタイキシャトル、母方祖母は1999年(平成11年)の500万下を勝ったサンタムールである。
[http://db.netkeiba.com/horse/2011105072/]
[http://db.netkeiba.com/race/201406040810/]
[http://estar.jp/.pc/_photo_view?w=23561975]
[http://im39a.estar.mbga.jp/0/686/491710686.5000.jpg]

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.