Help

ウインバリアシオン(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬)

  • 3
  • 123

Photos: ウインバリアシオン(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬)

Photos: トーセンラー(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬) Photos: ワンアンドオンリー(4回中山8日 10R 第59回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬)

撮影場所:中山競馬場(千葉県船橋市古作1丁目1番1号)

撮影日時:2014年(平成26年)12月28日(日)午後2時49分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX60V

その他:この馬の父はハーツクライ、母はスーパーバレリーナ、父方祖父はサンデーサイレンス(父方)とストームバード(母方)、祖母はアイリッシュダンス(父方)とカウントオンアチェンジ(母方)である。主な重賞勝鞍は2011年(平成23年)の府中の青葉賞(G?)と2014年(平成26年)の中山の日経賞(G?)である。G?には7回挑戦し、2011年(平成23年)の府中の日本ダービーは2着(オルフェーヴルが優勝)、菊花賞は2着(オルフェーヴルが優勝)、ジャパンカップは5着(ブエナビスタが優勝)、2012年(平成24年)の春の天皇賞は3着(ビートブラックが優勝)、阪神の宝塚記念は4着(オルフェーヴルが優勝)、2013年(平成25年)の中山の有馬記念は2着(オルフェーヴルが優勝)、2014年(平成26年)の春の天皇賞は2着(フェノーメノが優勝)、宝塚記念は7着(ゴールドシップが優勝)、この競走(有馬記念)は12着(ジェンティルドンナが優勝)、ラストランと成った2015年(平成27年)の春の天皇賞は12着(ゴールドシップが優勝)である。この馬は左前浅屈腱炎を理由として長期休養した時期が有る。(2012年(平成24年)の宝塚記念の後から2013年(平成25年)の金鯱賞(G?)まで)春の天皇賞の12着を最後に、引退式の開催も無く5月6日(木)の競走馬登録抹消を以て現役を引退する。引退理由は左前浅屈腱不全断裂発症で競走能力喪失と診断されたため。その後は青森県十和田市のスプリングファームに移動し種牡馬入りする予定(すでに青森に到着)なお、同馬は引退当初は府中で乗馬(誘導馬を含む)になる予定だった。
[http://estar.jp/.pc/_photo_view?w=23779768]
[http://im39a.estar.mbga.jp/0/626/496380626.5000.jpg]
[http://db.netkeiba.com/horse/2008103206/]

Albums: Public

Favorite (3)

3 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.