Help

ラーメン@ぼたん大塚本店・豊島区大塚

  • 10

Photos: ラーメン@ぼたん大塚本店・豊島区大塚

Photos: 替玉@ぼたん大塚本店・豊島区大塚 Photos: ビャンビャン麺@セブン・イレブン

博多長浜らーめん ぼたん大塚本店
  豊島区北大塚2-12-3 ドルミ大塚1階

 トンコツ臭い長浜ラーメンが食べたくなり、都内では上位に入るという実力店を訪れた。平日の11時過ぎという昼食にはまだ早い時間だったため店内はガラガラで、ソーシャルディスタンスに気を配る必要もなく落ち着いて食べることができた。750円。
 麺は定番のストレート細麺。麺の茹で加減はハリガネ、バリカタ、普通、やわの4段階しかなく、最適レベルの見当が付かないまま仕方なくバリカタで頼むと、コキコキ、ザクッと口中の水分が吸い取られつつ歯で叩き潰していくような、そんな長浜ラーメンの麺らしい食感が楽しめた。ちなみに麺箱には「こがね食品(有)」とあり、調べると福岡市の製麺業者さんだった。ただ、麺を啜るたびに軽くだがアンモニア臭を感じてしまった。どうもスープ由来ではないようなので、麺茹でのお湯を長時間換えていないのが原因のように思われる。ここはそんなに難しいことではないだろうから是非改善をお願いしたい。スープは想像していたよりかは軽めの純粋トンコツ。とはいえ、世間一般の水準でいえば十分に濃厚。また、自分的にはちょっとしょっぱいかなというレベルの上に、インパクトになんか欠ける気がした。この点については、改善策を後述する。具材は、ほどよい噛み心地があって一口一口肉の旨味が滲み出すバラ肉チャーシューが1枚、コリコリとした千切りキクラゲが過不足無く載り、木口切りというよりは短めのざく切り小ネギが彩る。チャーシューがここまで美味しい長浜ラーメンはそうないように思う。
 100g程度と思われる麺をあっという間に食べ終える少し前に、替玉をやはりバリカタで頼んだ。麺を食べ終えたちょうどのタイミングで替玉がお皿に載って登場。すぐさま丼に移し替え、ここから卓上の調味料を駆使しアレンジしていく。まずはすりごまをたっぷり回し入れ、次いで辛子高菜を2つまみほど、おろしニンニクを匙半分ほど盛り付け、長浜ラーメン味変バージョンの完成。辛みやニンニクで鼻や舌が馬鹿になったのか、アンモニア臭、しょっぱさとも感じなくなり美味しく完食。

・お気に入り度:△+

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.