Help

24:43 #JPN Courage go to!西野監督、勇気ある決断☆負けていてもフェアプレイポイントで2位通過できる☆もしセネガルがゴールしたら日本敗退だったしかし確率は低かった☆残り10分だけ

  • 100

Photos: 24:43 #JPN Courage go to!西野監督、勇気ある決断☆負けていてもフェアプレイポイントで2位通過できる☆もしセネガルがゴールしたら日本敗退だったしかし確率は低かった☆残り10分だけ

Photos: 西野監督「チームとすれば本意ではないが勝ち上がる中での戦略的なところなので」勇気ある決断、サッカーではよくある戦略。持ってる監督☆決勝T進出☆ニュースウオッチ9 Photos: 文月ちゃんStartにゃん(°▽°)もぅ7月あっという間に半年過ぎ今年も終わりね~もう帰ってこない…あの人もあの日々も…にゃお~ん!七夕に祈る~岩合光昭カレンダー猫は写真が生きてる癒される♪信州の山も

次へ進めるチャンスがあるなら、サッカーではよくある戦略です。
相手ポーランドも勝っているので国へお土産持って帰れるから、攻めてこなかった。
お互いに納得、問題ない。
監督の決断は、リスクがあった。他会場で試合でセネガルが入れて同点になってしまったら…日本敗退だった。
監督として相当の覚悟だったと思います。
結果、無事、入れられることなく他会場も終わり、日本は決勝T進出へ決まった!
批判できるのは、大金と旅行費払って来てくれた観客サポーターだけです。

決して博打ではなかった……賛否集まるポーランド戦西野采配の真相に迫る
「最後の交代カードとして、本田圭佑でも、香川真司でもなく、長谷部がピッチに送り出された――それが、すべてのメッセージだった。指揮官が明かす。長谷部には今の状況を伝えました。不用意なファウルは避けさせろ。4-1-4-1である程度ディフェンシブな形でバランスを取って攻めろ。時間を刻むなかでこのままでいいということを伝えろと。
長谷部投入により、日本の戦い方は定まった。一方、ポーランドもこのまま試合が終われば、大会初勝利を挙げられるため、無理にボールを奪いにいく必要はない。こうして、前代未聞の他力に委ねる日本の時間稼ぎが始まった。あとは、コロンビアがそのまま1-0で勝つことを願うだけ――。」
http://bit.ly/2KpU4QW

西野監督3試合、大活躍のおかげで再び売れまくっていて重版です!
?勝利のルーティーン 常勝軍団を作る、「習慣化」のチームマネジメント
https://twitter.com/y4uk/status/1013819626768093184

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.