Help

ヨスジキリガ#16

Photos: ヨスジキリガ#16

Photos: カシワキボシキリガ#19 Photos: エチゴハガタヨトウ#12

Eupsilia strigifera Butler, 1879
ヤガ科 キリガ亜科 キリガ族 キリガ亜族

東京都奥多摩町産
A : 1齢幼虫 2024.4.15 体長約4mm
B : 2齢幼虫 2024.4.17 体長約5mm
C : 3齢幼虫 2024.4.21 体長約10.3mm
D : 4齢幼虫 2024.4.27 体長約18mm
E : 5齢幼虫 2024.4.30 体長約26mm
F : 6齢(終齢)幼虫 2024.4.30 体長約27mm
G : 成虫♀(母蛾)2024.3.16 前翅長約15mm

成虫越冬キリガ。
低地〜山地に見られる普通種ではあるが、
幼虫を見る機会はほとんどない。
本種はクヌギで飼育出来ることが知られているが、
自然状態での観察例はなかったようだ。

2024.3.16、灯火近くの柵にいた♀より採卵。
受精済だったようで4.8に孵化、体長約2mm。
クヌギで飼育。
Aは約2倍の体長に成長した脱皮が近い1齢。
Bは脱皮間もない2齢。
Cは脱皮間もない3齢。
Dは脱皮が近い4齢。
Eは脱皮が近い5齢。
Fは脱皮間もない6齢。
3齢以降は体色の大きな変化はないが、
5齢から6齢では黒みが強くなる他、
頭殻前面に褐色影が出る。
一度に複数頭で飼育したためおそらく別個体が混じっている。
Gはこれらの幼虫の母蛾。概ね統一スケールで表示。

飼育下では昼間は重ねた葉を綴った中に潜み、
ほとんど動かないでいることから夜行性であることが推察され、
またクヌギが幼木や剪定木を除けば高所に葉を付けることもあり、
見つかりにくい理由かと思われる。

分布:本州、四国、九州、対馬、
   朝鮮半島、台湾、中国、ネパール
成虫出現月:10、3〜4(成虫越冬)
寄主植物:クヌギ(飼育)

G0687-16

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.